ゲルマニウム温浴(第3日目)

最初に書かなきゃいけなかったんですが
ゲルマニウムには瞑眩(めんけん)反応というものがあるそうです。

有機ゲルマニウムに全く副作用や毒性がないことは各機関の調査
によって証明ずみです。ただ、ゲルマニウム療法を続けていると、
湿疹、発疹、患部の痛み、発熱、下痢などの反応が出ることがあります。
これは瞑眩反応といい、漢方医学に昔からあるもので快方に向かう
前兆の好転反応と一緒です。ですから、瞑眩反応が出れば
治癒の始まりであり、むしろ喜ぶべきことだということが言えます。
瞑眩反応は、放置しておけば自然におさまりますので心配はいりません。

・・・・・と言う事だそうです。
e0067435_21505534.jpg

<3日目>
お風呂での様子は今までとほぼ一緒ですが
どうやら瞑眩反応らしい状態になってます。
実は私は後天性日光アレルギーという
お日様に当たるとかゆみ(非常に強いかゆみで骨まで
掻き毟りたくなります)が出てかくと発疹になって更に
かゆいという悪循環に悩まされていました。
手と足だけなのですが夏も上着に日傘は必需品なんです。

お風呂から出ると手と足が真っ赤になってかゆみがありますが
いっときでしばらくすると治まります。
「ああ、これが瞑眩反応つまり好転反応で体質改善がなされているんだ」と
嬉しくなってます。
それに冬特有のお肌のカサカサがお顔も手もすべすべしっとりでかかとまで
ガサガサがつるつるしてきました。びっくり~☆
クリームつけても手なんかはすぐカサカサしてたのにクリームなしで
しっとりなんです。これって女性にとってはとっても嬉しいことですよね~
1週間経ったら本格的にTVを浴槽に置いて半身浴でもしようかしら
かなりやる気になってきました!
[PR]
by mi-chin1029 | 2006-01-26 22:19 | 独り言
<< ゲルマニウム温浴(第4日目) この実の名前は何でしょう? (... >>