弥彦神社~弥彦山

高速の渋滞を避けて北陸道を延々と北上して、とうとう新潟県まで来ました。
三条燕ICを降りて、弥彦神社へと向かいます。
五箇山からどれだけ走ったことでしょうか。すでに陽が傾き始めていました。

以前から一度来てみたいと思いながらなかなか機会がなった弥彦神社にこのような形で行くことになろうとは思ってもみませんでした。

①弥彦神社のシンボル『大鳥居』です。昭和57年に上越新幹線の開通を記念して建てられたそうですよ。
クルマの中から撮ったのでウィンドウの汚れも一緒に映ってしましました。(GF1)
e0067435_21422367.jpg


②弥彦神社の境内です。広くて清々しい境内でしたよ。
さすがに万葉集にも詠われた由緒ある神社という感じがしますよね。(GF1)
e0067435_2147794.jpg


③(GF1)
e0067435_21473910.jpg


④(D300)
e0067435_21484150.jpg


⑤(D300)
e0067435_21491017.jpg


⑥お参りを済ませた後、ロープウェイで弥彦山に上りました。
上からはこのような越後平野の雄大な景色を堪能することができました。まさに日本の穀倉地帯という感じですよね。
ちょっと阿蘇の風景と似ていました。(GF1)
e0067435_21513910.jpg


⑦越後平野の雄大な景色に見とれていると、あっという間に陽が沈みかけて行きました。
展望台の反対側に行くと、朝の雨模様の天気では想像もできなかった美しい夕焼けを見ることができましたよ。(D300)
e0067435_21555087.jpg


⑧(D300)
e0067435_21562020.jpg


⑨(D300)
e0067435_21565647.jpg


⑩弥彦山からの夕焼けを堪能して、山を下りてくると、すっかり暗くなっていました。
「そろそろ帰ろうか」ということで、再び三条燕ICを目指して走り出しました。
北陸道から関越道を通り、順調に飛ばします。途中、越後川口SAで夕食をとることにしました。
レストランを出て何気なくSAの看板を見ていると、「このSAのすぐ裏手には信濃川の雄大な流れを一望することができる」と書いてあるではありませんか。
早速行ってみることに・・・・。でも、案の定真っ暗で何も見ることができません。
それでももしかしてと思い、三脚を持っていなかったのでGF1を手摺の上において、長時間露光に挑戦!!
50秒の露光でこのような写真が撮れました。(GF1)
e0067435_2265623.jpg


⑪(GF1)
e0067435_2272445.jpg



この後、大きな渋滞にも巻き込まれず、順調に流れました。
それでも東京の我が家に着いたのは予定通りAM1:00でした。
まさか金沢の帰りに新潟まで行くとは思いませんでしたが、綺麗な夕焼けも見ることができ、充実した三日間を過ごすことができました。

長い旅行記を最後までご覧頂き、本当に有難うございました<(_ _)>
[PR]
by mi-chin1029 | 2009-10-25 21:42 | 旅行
<< 少しずつ秋色 世界遺産~五箇山の合掌集落 >>